初心者におすすめのデンタルフロス

デンタルフロス初心者は迷わず糸巻き、ワックス付きがおすすめ!

デンタルフロス歴1年になりますが、慣れると鏡は一切必要としませんし、いつの間にか癖になります。

デンタルフロスを始めたばかりの人、「フロス初心者」とでも言いましょうか、やり始めは指が痛いし、血が出るし、臭いし、やり方がわからないしで困ること盛りだくさんだと思います。

私自身やり方がわからず始めは困ったものですが、行きつけの歯医者さん(超腕がいい、誰の治療をしているかは言えないけど)

に聞いたことなどを交え、おすすめのデンタルフロスも合わせて紹介させていただきます!

いいか〜!今からデンタルフロスを買いたい人よ!「ワックス付き」「糸巻き」を買うんだぞ!

ではいきます。

[box class=”box29″ title=”ここがポイント”] [list class=”ol-circle li-accentbdr acc-bc-before”]
  1. 糸巻き、ワックス付きがおすすめ!
  2. 血が出るのはいいこと!らしい
  3. 慣れれば歩きながらできる(鏡なんていりません)
[/list] [/box]

初心者おすすめのデンタルフロスは糸巻き、ワックス付き

初心者におすすめのデンタルフロスは糸巻き、ワックス付きのデンタルフロスです。

糸巻き?ワックス付き?いろいろ疑問がわいている方もいるかもしれません。

詳しく解説します。

フロスの種類は大きく分けて2種類

デンタルフロスの種類は大きく分けて2つあります。1つは「糸ようじ」とも呼ばれている「ホルダータイプ」です。

1つの袋の中に大量に入っている使い捨てタイプです。見たことがある方も多いでしょう。

持ち手があるので、手が痛くならずに使うことができますが、奥歯の歯間に入れるには、糸巻きタイプで慣れている人ではないと難しいと思います。

糸巻きタイプは持ち運びが可能なタイプで、奥歯の歯間に入れることもすぐに慣れますし、何より自分で糸をコントロールすべが身について行くと思っているので、

俄然おすすめは糸巻きタイプなのです。

ワックスの種類は2つと1種類

さて、糸巻きタイプと一言ではいいましても、種類が複数あります。「ワックスタイプ」「ノンワックスタイプ」「エクスバンドタイプ」です。

ワックスタイプはその名の通り、トゥルトゥルしています。ワックスの効果は歯間にするっと入り、かなり使いやすいです。

デメリットとしてはノンワックスタイプと比べると、トゥルトゥルしているので歯間のゴミが取りづらいそうです。

エクスバンドタイプはノンワックスタイプよりもさらに太いデンタルフロスです。初心者には絶対勧めません。買っても捨てます。根性がない人じゃないと。笑

糸巻きでおすすめのデンタルフロスはREACH(リーチ)

[yoko2 responsive][cell]デンタルフロスリーチ

[/cell][cell] [mobile]

リーチはその辺の薬局でも変えるので買い足しが超楽チンです。さらに糸巻きタイプが持ち運び可能です。ワックスタイプは青なので、ノンワックスタイプのオレンジを使わないようにお気をつけて!

[/mobile] [pc]

リーチはその辺の薬局でも変えるので買い足しが超楽チンです。さらに糸巻きタイプが持ち運び可能です。ワックスタイプは青なので、ノンワックスタイプのオレンジを使わないようにお気をつけて!

[/pc] [/cell][/yoko2]

フロスコレクション

ノンワックスタイプ、ワックスタイプ、ピックタイプ(糸ようじ、ホルダータイプ)

複数種類持っていますが、虫歯が少しでもある箇所はノンワックスタイプは使えません。がしっ!っと引っかかります。逆にすぐに虫歯がわかるので良いかもしれませんが。笑

慣れるとピックタイプは超非効率です。メリットとしては、手が汚れない程度です。ですが、家にいるし、会社だって手が洗えるし、汚くありません。自分のよだれが嫌いな人は糸ようじスタイルですけどね。

初心者の方向け、デンタルフロス(糸巻き)の使い方

デンタルフロスのやり方を説明します。

[timeline] [tl label=’STEP.1′ title=’糸を出して切る’]

糸を好きなだけ出す。慣れない方は長めがよいでしょう。

[/tl] [tl label=’STEP.2′ title=’指にまく’]

口に突っ込む指に2、3回巻いてください。慣れるとまくのは必要ありませんが、初心者の方は巻いた方がやりやすいです。

[/tl] [tl label=’STEP.3′ title=’鏡を見ながらやろう!’]

鏡をやりながらじゃないと、初心者の方は怖いと思います。

鏡を見ながら歯間に通していきましょう。奥歯は見えないので怖いかもしれません。ファイト!

[/tl] [tl label=’STEP.4′ title=’使い終わったら捨てる、手を洗う’]

デンタルフロスを使い終わったら捨てましょう。そして、手が臭くなるでしょうから、手を洗いましょう。

手が臭った状態で生活しないでくださいね。菌がつきまくってますよ。笑

[/tl] [/timeline]

難しいのは、やはり歯の間に通すところですよね。コツとしては、動画で説明したいところですが、顔出ししたくないのですみません。笑

片方の指を口の中に入れて固定して、片方の指で前歯は全てできます。同じ要領で、奥歯も掃除していきます。

写真どこかであげますので、お待ちくださいね。

デンタルフロス初心者が気になる疑問

デンタルフロスを使ったばかりの時に私が気になってしまった疑問、恐怖に対して回答します。

血がめっちゃでます

歯周病です

え!?歯周病なの?って思いますよね。歯医者に確認しました。歯周病のようです。軽度ではありますが、歯間ブラシやデンタルフロスをやりたてて血が出るのは炎症をしているかららしく、血抜きになるので、気にするな。と言われました。

なので、血がでても気にするな。諸君。

デンタルフロスが臭いです

虫歯です

え!?虫歯なの?って思いますよね。はい、虫歯の可能性が高いですよ。笑

あとはデンタルフロスが突っかかるのも虫歯の可能性が高いです。くぼんでるってことですからね、シンプルに。

臭いがあるなら、さっさと歯医者行ってください。

歯磨き前、歯磨き後、どちらがいいのか

歯磨き後でしょ

歯磨き後がいいですよね。歯磨き前だと、ゴミが歯肉奥に届きますよね。だったら磨いた後に残りカスをとった方が良いですよね。

気になるならさらにうがいをしましょう!

デンタルフロスは糸巻きタイプにチャレンジしてみて

デンタルフロスのおすすめ「糸巻きタイプ」と「ワックスタイプ」についてでした。さらに気になるやり方、臭い問題、血が出る、タイミングなどについても軽くご紹介しました。

[box class=”box32″ title=”記事のおさらい”][list class=”li-check li-mainbdr main-c-before”]
  • 糸巻きタイプは奥歯も楽チン
  • ワックスタイプはツルツルで歯間に入りやすい
  • デンタルフロス「リーチ」は薬局でも売ってるからおすすめ
  • 血がでたり、くさかったり気になるなら歯医者に行きましょう
[/list][/box]

簡単にではありましたが、体験談と歯医者に伺ったことで記事を書かせていただきました。

気になることがあるならお近くの信頼ある歯医者さんに聞きながら始めるのが一番だとは思います。

デンタルフロスユーザーさんが増えるといいな( ´ ▽ ` )ノ

おしまい

初心者におすすめのデンタルフロス
最新情報をチェックしよう!