ペーパークリップ作戦(計画)とは、旧オーバーキャスト作戦

ペーパークリップ作戦は元はオーバーキャスト作戦と呼ばれていました。

ペーパークリップ作戦のペーパークリップは、入国する際に許可が降りている人物の書類にクリップで印がしてあったことが由来と言われています。

匿名の作戦名であるオーバーキャスト作戦が、公然と使われていたために、ペーパークリップ作戦へと変更されました。

1945年7月6日

アメリカの「国防省統合参謀本部(JCS)」は「我々が利用したいと思う優れた業績をあげた、選ばれた稀有な人材を活用する」機密作戦、暗号名「オーバーキャスト作戦」を承認。

そこで、JCSはドイツやオーストリア出身の頭脳明晰な専門家たちを入国するように指令。

はじめは、機嫌が半年間と決まっており、任期があった。

だがしかしドイツの能力はアメリカの想像以上でもっと利用価値があるために、ナチやSSであることを無視し入国をさせるようになりました。

MEMO
SSとはナチス親衛隊(Schutzstaffel)の略号

 

1946年

1946年はじめまでで150人以上がアメリカに連れてこらていたと言う。そして国防省の統合情報管理局(JIOA)」はドイツ人科学者利用作戦をもっと拡大させました。

かつては敵であったはずのドイツですが、アメリカ市民権を与えるなどをして、1000人を要求しました。

 

1946年9月6日

ドイツ人科学者の多くが元ナチか元SSであったために、移民法に違法をしてしまっていました。なので、当時の大統領から権限を委任する必要がありました。

そして、9月6日にトルーマン大統領が「名前だけのナチ党員で積極的な支持者でなかったドイツ人に限り作戦参加を許す」として計画を承認したそうです。

参考:ナチスの科学技術を没収したアメリカ

1990年までに、アメリカとイギリスはペーパークリップ作戦によって、知的財産、産業プロセスを約100億ドル以上と評価されるほど手にすることに成功しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です