MKウルトラ計画とは?

MKウルトラ計画を聞いたことがあるでしょうか?

MKウルトラ計画は人知れず、ディズニーやマイケルジャクソンなどを代表とした音楽シーンで使われてきたと言います。

改めてMKウルトラとはなんなのかについてまとめました。

MKウルトラ計画とは

MKウルトラ計画とは、被害者の名前にちなみ、MKウルトラ計画(Project MK-ULTRA)と呼ばれている。

簡単にいえば、洗脳に特化した計画として立ち上がったCIAの極秘プロジェクトです。

1950年代初頭から少なくとも1960年代末まで行われていたと言われています。

1973年に時のCIA長官リチャード・ヘルムズ(英語版)が関連文書の破棄を命じたものの、辛うじて残されていた数枚の文書が1975年、アメリカ連邦議会において初公開されたそうです。

MKウルトラの前身は統合諜報対象局 (Joint Intelligence Objectives Agency、1945年設立) によるペーパークリップ作戦と言われています。

アメリカ政府が極秘裏に行った計画の中には、

チャーター計画(1947年実施)

ブルーバード計画(1950年実施、翌年アーティチョーク計画と改名)

はじめ、ペーパークリップ作戦から生まれた内容も多かったと言われています。

こうした中、朝鮮戦争での洗脳が注目されていた1953年4月13日、アレン・ダレスの命を受け、シドニー・ゴッドリーブを先頭にMKウルトラ計画が始まったそう。

実験は、被験者の同意無く行われて、実験に関わった研究者でさえも「計画の最終目的を知らされて無い事もあった」とも言われています。

冷戦下の1964年には「MKサーチ」と改名され、自白剤を用いてソ連のスパイ容疑者を尋問したり、海軍では超音波を利用して記憶を消去する実験もあったのだとか。

1973年にヘルムズ長官が計画の記録をほとんど破棄をしたために、今dも全貌が明らかになっていません。

 

CIAの文書によると、「マインドコントロールの効果を立証するための実験」と称して、化学的、生物的な手段を用いた事に留まらず、放射性物質にも手を出したいました。

LSDをCIA職員や軍人、医師、妊婦、精神病患者らに投与する実験などをしていた。本人に知らされずそういった実験をするのは違反となっているにもかかわらず。

売春婦を用いてギャングのリーダーを誘き寄せ、飲み物にLSDを混入させる実験までも行われた。その実験で、隣室の売春婦と会話する内容を盗聴したところ、「自分や自身の組織が犯した殺人や詐欺など、重大な犯罪について話をした」らしい。結果が予想できないことから実験は途中で終わりました。

MKウルトラ計画関係の映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です