21世紀だからこそ振り返る。知らないとまずい民主主義の意味とは

民主主義の意味とは

民主主義という言葉は耳慣れはしていますが、

いざ意味を答えてください。と言われると答えられない人も多いと思います。

日本国は民主国家である。

その意味を覚えておきましょう。

民主主義の意味とは

民主主義は英語でデモクラシーと言います。

語源は、ギリシャ語の

デモス(民衆)

クラティア(支配)

からきていると言われています。

 

デモスクラティア

デモクラシー

になったそうな。

 

つまりは、民衆が主人公であり、民衆が支配をする国家が民主主義国家です。

 

民主主義の始まりは、古代ギリシャの都市国家アテネと言われていて、当時は奴隷、女性、子供は政治に参加できませんでした。

18歳以上の男性で、奴隷ではないものやアテネ外から訪れた人を除き、政治を行ったと言われているそうです。

 

しかし、その頃には、国会だとか、立法だとか、システムはありませんから、全員で話し合いをしていたのでしょうね。

すると、いくらなんでも骨が折れます。

なので、リーダーを決めて、リーダーのみで話をしようとします。

さらに、そこにはTOPが生まれます。

 

ずっと同じ一族が決めていたりすると、偏りが出たりするのでしょう。

自分たちに優位なように政治を進めたりします。

なので、革命を起こし、ルールを変えます

 

王や貴族が支配していたのが「封建制度」で、革命を起こすきっかけになったのが、民主主義と言う考え方です。

 

民主主義→王や貴族が支配→民主主義

とサイクルしています。

 

民主主義の最大のメリット

私は政治学者ではありませんから、細かく言えばもっと大きなメリットがあるかもしれません。

すぐにでもわかったメリットは、定期的に権力者を交換できる点です。

 

北朝鮮のような、君主制・独裁制というような、絶対的なトップがいて成り立っています。

絶対的な存在なので、国民が権力者を選ぶことはできません。

 

対して、民主主義は権力者を選ぶことができます。

投票をして、とりあえず権力を与える人を決める。ダメだったら交換する。

ただの権力バカを留まらせないようにすることができるのがメリットだと思っています。

 

民主主義は「良い」政治体制なのか

民主主義の他に有名で耳慣れした言葉で、共産主義というのがあります。

でも、今日本は民主主義ですよね?

民主主義とはそんなに良い、政治体制なのでしょうか。

 

昔、イギリスの首相だった、チャーチルはこう言い放ったそうです。

 

「民主主義は最悪の政治体制だ」

 

と同時にこうも言っています。

 

「が、他の政治体制よりはまし」

 

なるほど。と関心したと同時に、テクノロジーが発展した今、他のことでも同じことが言えるなーと。

農薬もヒドイが、農薬を使わないで食料飢餓を起こすよりはマシですから。

 

もっといい政治体制が将来出るかもしれないし、出ないかもしれない。

少なくとも今は、民主主義の方がいいと思っています。

理由は簡単独裁されたらおしまい。

 

21世紀だからこそ民主主義の意味を振り返る

民主主義は、民衆が権力者を決めるから意味があります。

その決める基準が、自分たちごとだからこそ意味があると思うんです。

 

ですが、

投票率は30%以下

お金で振り回される国民

政治に無関心

 

こうなってしまっては、事実上の支配をお金にされてしまう。

生きるのに必要なものを買うために、必要なお金。

 

精神が理性や良心と言うものではなくて、金に支配されているために、

民主主義でも金銭主義国家となってしまうかもしれません。

 

そのためにどうすればいいかが、国家が考える問題でもあるでしょう。

だからこそ、今、なんです。

 

知ってどうする?

という人もいるかもしれない。

けど、私からしたら

知らないでどうする?

と思わないわけにはいきません。

 

まとめ

民主主義の意味とは?について簡単に触れました!

ここがポイント
  1. 民主主義はデモクラシー
  2. デモスとクラティアからきている
  3. デモス(民衆)クラティア(支配)
  4. 民主主義はいい政治体制ではない
  5. だけど他よりはマシ
  6. 金銭主義国家となったら、事実上の独裁

読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です